模擬試験カレンダー

2018年11月の模試
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2018年12月の模試
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

※赤字が模試月日です

神奈川県進学模試とは

平成25年度入試より実施される新入試問題に対応し、
子どもたちの可能性を最大限に伸ばすことを目的とした神奈川県公立高校受験者用の模擬試験です。

神奈川県進学模試の特徴 ~5科目+特色検査模試でS値判定ができる模試です~

1.神奈川県公立高校の新入試問題を見据えた問題

平成25年度入試より独自入試が撤廃され、全ての高校が共通の入試問題を使用するようになります。
各科目基本的に100点満点となり、「より思考力・判断力・表現力等をみることをねらい」とした記述式問題の出題も予想され、
これまでの共通入試よりも全体的に難易度が引き上げられることになりそうです。
神奈川県教育委員会から発表されました出題例はこちら(PDF)よりご覧いただけます。


神奈川県進学模試では、今までの共通入試の流れを汲みつつ、上記の出題例を見据えた問題をご提供いたします。
サンプルをこちら(PDF)にご用意いたしましたので、ご参照ください。
下図はPDFの一部です。クリックで拡大します。

<サンプル1>2012年3月実施 第1回神奈川県進学模試 英語問題の一部
(前後の内容から判断し、英語で表現させる問題)
NARC英語問題サンプル
<サンプル2>2012年3月実施 第1回神奈川県進学模試 数学問題の一部
(ただ解答を出すだけでなく、解答を導くまでのプロセスを問われる問題)
NARC数学問題サンプル

2.数千人規模のデータより自分の位置を確認

個人成績表には、全受験者の中での自分の位置はもちろん、
神奈川県の人口をもとに算出され「全受験者推計数」の中での順位を確認することができます。
個人成績表の詳細はこちらからご覧いただけます。



3.設問ごとの正答率から自分の弱点を把握

全ての設問に対して「自分が正解したかどうか」と「正答率」が記載されているので、
自分の弱点をしっかりと把握できます。
模試を受けたあとの、学習の指針が立てやすくなります。



4.複数回受験による成績推移の確認

各科目の偏差値の推移はもちろん、前回(※)との比較がレーダーチャートにより表示されるので前回からの成長を確認することができます。(※同一年度内の受験に限ります。)